News

News

続★知られざる体内物質

前回は若々しくなれるグレリンとゆうホルモンをご紹介しました。

 

今回、ご紹介するのは『幸福ホルモン』と呼ばれてる【セロトニン】です。

 

心身を安定させ、ストレスを軽減し現状に満足感を与えてくれるホルモン。

男性よりも女性のほうが分泌量は少ないとされ、そのため女性のほうが情緒不安定になりやすいとも言われてるそうです。

 

どうせならいつでも幸せな気持ちでありたいし、極力ストレスを感じたくないのが本音です。

セロトニンの分泌を高めることでストレスに負けず幸せ感がもてるならこれはもうセロトニンを増やすしかない!!、、、とゆうことで、セロトニンを増やす方法はいくつかあってどれも簡単なのでやってみる価値はありますよ~( ̄∇ ̄)

 

①朝起きたら太陽の光を浴びよう

 

朝はなるべく同じ時間に起きて太陽の光を浴びること。体内時計がリセットされて整います。体内時計はセロトニンの分泌に大きく影響します。

 

②セロトニンを作る食べ物をとる

 

セロトニンは

*トリプトファン→チーズ、豆腐、卵、牛乳、バナナなど

             +

*ビタミンB6→レバー、マグロ、カツオ 、にんにくなど

             +

*炭水化物         の3つで作られます。

特にバナナは3つを全て含んだ食べ物で手軽に取り入れることができます。

 

③リズミカルな運動をする

 

規則正しいリズムを繰り返す運動はセロトニン分泌を高める効果があります。

ウォーキングやスクワット、軽い体操で十分。

 

「ガムをかむ」「歯磨きをする」など、一定のリズムを繰り返す日常動作にもセロトニンを増やす効果が期待できるようです。

 

ホルモンと仲良くなって活躍させてあげることで私たちはいくつになっても生き生きとしていられます。

 

ぜひ試してみてください( ´∀`)

 

セロトニンは感動した時にも分泌されるため、日々小さなことでも感動できる何かをみつけるといいですよ♪