News

News

7つの心持ち

今回は今日からでも簡単にできるホルモンが喜ぶ生活、心のあり方をご紹介します。

★☆ワクワク☆★

ホルモンたちは楽しいことが大好き!!お笑い番組をみるのもよし。笑えるコトやモノに会いにでかけましょう。顔全体で笑うような゙本気の笑い゙を心がけて。

 

☆★スッキリ★☆

ストレスがかかり過ぎるとストレスに対抗するホルモンが過剰に働き疲労感やイライラの原因に。

ストレス解消のために意識的にため息をついたり深呼吸したりしてリラックス神経の副交感神経を優位にしましょう。

 

★☆おいしく☆★

乳酸菌や発酵食品を積極的に摂り腸内環境を整えましょう。1回の食事を腹八分以内にとどめ次の食事を空腹で迎えてホルモンの分泌をよくすることも大切。

 

☆★きっちり★☆

食べる回数や時間はなるべく一定に保つことがホルモン分泌にも好影響です。

食事は1日2回か3回かは人それぞれ。大事なのは2回と決めたら毎日決まった時間に2回摂ること。

規則正しく食べ体内時計を整えよう。

 

★☆しっかり☆★

睡眠不足は交感神経を優位にし神経を高ぶらせ心身の健康にとってマイナス。夜は暗くして睡眠は十分とり脳を休ませてあげましょう。寝る前のスマホや煌々とした光は睡眠にもホルモンにも悪影響なのでNGです。

 

☆★ややキツく★☆

運動して血流がよくなるとホルモン分泌がよくなり血糖値を下げる効果の報告や骨を丈夫にするなど様々なよい効果が期待できます。お薦めは少しキツい程度の運動を無理せず継続できる運動を習慣化しましょう。

 

 ★☆はっきり☆★

メリハリのある生活を意識することでホルモンは活性化されます。素直に喜怒哀楽を表現し前向きな気持ちで日々を過ごすことがホルモンの働きと心身の健康に好環境を作り出すコツです。

 

ほんの少しの心がけで好循環を作り出すことができるんです。ホルモンたちを活躍させていくつになっても生き生きと楽しく過ごしましょう!!!