お悩み別メニュー

膝の痛み

変形性膝関節症

88802dee4f3ad08c16627f9d06c353bc_s60dc9ff37530db29364c4862bf316208_s

原因は関節軟骨の老化によることが多く、肥満や素因(遺伝子)も関与しています。また骨折、靱帯や半月板損傷などの外傷、化膿性関節炎などの感染の後遺症として発症することがあります。
加齢によるものでは、関節軟骨が年齢とともに弾力性を失い、遣い過ぎによりすり減り、関節が変形します。

症状

男女比は1:4で女性に多くみられ、高齢者になるほど罹患率は高くなります。主な症状は膝の痛みと水がたまることです。
初期では立ち上がり、歩きはじめなど動作の開始時のみに痛み、休めば痛みがとれますが、正座や階段の昇降が困難となり(中期)、末期になると、安静時にも痛みがとれず、変形が目立ち、膝がピンと伸びず歩行が困難になります。

治療

当院では症状により調整や手技、特殊固定等も行っています。また根本的に改善させるために運動療法も積極的に取り入れてます。

オスグット

成長期の小児(10~15歳)の男子に多く、太もも前面の筋肉(大腿四頭筋)の付着部である
脛骨粗面(膝の皿の下)の炎症です。
バレーボール、バスケットボール、サッカー、陸上選手に多くジャンプやダッシュ、
蹴りで筋肉が瞬間的に縮むような動作などの膝の曲げ伸ばし特に伸ばす時に使われる
太ももの筋肉の使いすぎで起きます。

症状

正座時の痛みが強く跪くことが痛くて出来なくなります。
症状が進むと熱を持って腫れてきます。膝の屈伸、ダッシュ時に痛みます。

ジャンパーズニー

ジャンプ競技選手や長距離ランナーで成長期を終えた年齢に多い膝蓋靱帯の炎症です。
太ももの筋肉の使いすぎ(オーバーユース)で柔軟性の低くなった筋肉が過度に繰り返し
伸ばされることで靱帯が損傷します。。。

症状

膝の屈伸、ジャンプ時に膝の皿の下あたりに不快感、圧痛があります。